会社情報

COMPANY PROFILE

創業者精神を持って

空気、水、そして地球にかかわる

事業の創造と発展に、英知を結集する

PHISOLOPHY

トップメッセージ

代表取締役社長堀 靖

2021年10月1日、エア・ウォーター株式会社の電材開発事業部、川崎化成工業株式会社、大東化学株式会社が合併し、エア・ウォーター・パフォーマンスケミカル株式会社が発足いたしました。

3社が長年にわたって積み上げてきた技術開発力、生産設備、人材、顧客基盤を結集したことで、電子材料を中核とする“機能化学品”、すなわち“パフォーマンスケミカル”メーカーとして、ここに新たな挑戦の一歩を踏み出したわけです。

中核となる電子材料事業はもとより、基礎化学品事業、医農薬中間体などを含む機能材料事業、食品機能材料事業と、新会社の事業はいずれも、これまでさまざまな分野のお客様とともに築いてきた信頼関係と実績がベースとなっています。まずはこの4事業をもって社会の変化を先取りした成長を目指してまいります。

この成長戦略を支えるのは、当社ならではの多様な人材と企業文化です。若手、中堅、ベテランそれぞれに、また性別や職種を問わず、多彩なアイデアを出し合い、思う存分力を発揮できる新しい企業文化を創造したいと考えています。そして従業員一人ひとりがあらゆるイノベーションにチャレンジしながら、エア・ウォーター・パフォーマンスケミカルの新たな歴史を作り上げていきます。

エア・ウォーター・パフォーマンスケミカルは、3社が培ってきた「ものづくり」の力に加え、新たな価値を創造するイノベーションの力によって、お客様の幅広いニーズにお応えし、社会に貢献し続けることを目指します。この新たな旅立ちに、何卒ご理解・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

商 号 エア・ウォーター・パフォーマンスケミカル株式会社
本店所在地 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番
事業内容 石油化学製品、無機化学工業製品、炭素製品、食品機能材料等の開発、製造及び販売
資本金 100百万円
従業員数 約600名(2021年10月1日現在)
設立年月日 2021年7月1日
発行済株式総数 2,000株
株主及び持株比率 エア・ウォーター株式会社 100%
決算期 3月31日

役員

役員一覧

  • 代表取締役社長堀 靖

  • 取締役副社長(管理担当)小林 伸彦

  • 取締役副社長(営業担当)長尾 幸生

  • 取締役(非常勤)水野 和也

  • 監査役大坪 孝幸

  • 監査役(非常勤)恒吉 邦彦

執行役員一覧

常務執行役員 遅澤 秀治 生産本部長
執行役員 渕辺 松伯 生産本部 副本部長 湘南工場長
執行役員 佐々木 雄喜 生産本部 副本部長 川崎工場長
執行役員 岡本 篤 基礎化学品事業部長
執行役員 工藤 公敏 機能材料事業部長
執行役員 川上 浩 開発本部長
執行役員 川崎 晋司 開発本部 川崎研究所長
執行役員 小川 勝己 基礎化学品事業部 副事業部長
執行役員 紫垣 浩一 RC本部 副本部長
執行役員 田中 鉄也 生産本部 川崎工場 副工場長
執行役員 青山 裕之 電子材料事業部 副事業部長
執行役員 長渕 英生 食品機能材料事業部長

組織図

沿革

エア・ウォーター株式会社
ケミカルカンパニー電材開発事業部
川崎化成工業株式会社 大東化学株式会社
1948 東京都中央区にナフタリン精製を目的とし、中央化成工業(株)を設立
大森工場を設置
1950 日東倉庫建物(株)(現・三井物産(株))の資本により設立
平塚工場(現・湘南工場)にて操業開始
1951 無水フタル酸の製造販売開始 無水亜硫酸ソーダ、無水重亜硫酸ソーダの製造販売開始
1953 コハク酸の製造販売開始 炭酸ソーダの製造販売開始
1954 千鳥工場(現・川崎工場[千鳥])を設置
1955 川崎市に中央化成工業(株)の全額出資により川崎化成工業(株)を設立
1956 フマル酸の製造販売開始
1957 塩浜工場(現・川崎工場[塩浜])を設置
1958 和歌山化学工業(株)設立
1960 東京都に本店を置く川崎化成工業(株)を存続会社として合併 富士写真フイルム(株)(現・富士フイルム(株))の資本参加および技術提携
1961 株式を東京証券取引所に上場
株式を大阪証券取引所に上場
1962 メッキ排液処理剤「ソービス®」の製造販売開始
1963 大阪支店(現・大阪営業所)を開設
1964 無水酢酸ソーダの製造販売開始
1965 有機ファインケミカルの製造販売開始
名古屋支店(現・名古屋営業所)を開設
1967 社名を住金化工(株)に変更
1971 大森工場を閉鎖
1973 アントラキノン、ナフトキノンの製造販売開始
1976 パルプ蒸解助剤SAQ®市販開始
1979 平塚に研究棟完成(現・湘南研究所)
1980 「ナフタリンを原料とするナフトキノン及びアントラキノン製造技術の確立とその工業化」に対し、大河内記念生産賞を受賞
1984 平塚に有機ファインケミカル試作プラント完成(現・湘南工場)
1987 「テトラヒドロアントロキノン及びアントラキノンの新製造法の開発とパルプ蒸解助剤向け新用途の実用化」に対し、日本化学工業協会の技術賞を受賞
1989 浜岡に有機ファインケミカル専用の浜岡工場(現・静岡工場)完成
1990 鹿島に多目的合成設備完成
1998 社名を住金ケミカル(株)に変更
和歌山に多目的合成設備完成
品質マネジメントシステム
ISO9002の認証を取得
1999 農薬原体アセキノシル市販開始
2000 ISO-14001 認証取得(平塚工場[現・湘南工場])
2002 社名を住金エア・ウォーター・ケミカル(株)に変更 マキシモール®の製造販売開始 ISO-14001 認証取得(浜岡工場[現・静岡工場])
ISO-9001 認証取得(浜岡工場除く[現・静岡工場])
2003 品質マネジメントシステムISO9001へ移行
大阪証券取引所の上場廃止
アントラキュラー®の製造販売開始
ISO-9001 認証取得(全事業所)
2004 RC(レスポンシブル・ケア)活動の実施を宣言
2005 サンケミカル(株)がエア・ウォーターグループに参入 環境マネジメントシステム
ISO14001の認証を取得
2006 エア・ウォーター(株)に統合 平塚に有機ファインケミカルの量産工場完成(現・湘南工場)
2009 川崎工場(千鳥)に事務研究棟完成
2010 パイロット試作実験設備完成
2012 触媒中間試験設備完成
2013 食添GMP登録証 取得(平塚工場[現・湘南工場] 酢酸塩製造部門)
2014 食品機能材料素材 酢酸カルシウム「カルフレッシュ®」の製造販売開始
食添GMP 登録証 更新(平塚工場[現・湘南工場] 全食品機能材料)
2015 エア・ウォーターグループの一員として始動
2018 エア・ウォーター(株)の100%子会社となる
東京証券取引所の上場廃止
2019 製鉄関連事業を日本製鉄(株)に譲渡 エア・ウォーター(株)の100%子会社となる
2020 食添GMP HACCP導入型への移行完了
酢酸ナトリウムのハラール認証取得
2021 機能材製造設備完成

2021年10月 エア・ウォーター・パフォーマンスケミカル株式会社始動

事業拠点

本社 〒212-0014 川崎市幸区大宮町 1310 番 ミューザ川崎セントラルタワー
TEL. 044-540-0110 / FAX. 044-540-0109


アクセス
• JR 川崎駅 西口より徒歩2分(ミューザデッキ直通)
• 京急川崎駅 中央口より徒歩7分
MAP
川崎工場・研究所 〒210-0865 川崎市川崎区千鳥町 1番2号
TEL. 044-266-6351 / FAX. 044-276-1791

アクセス
JR 川崎駅 東口バスターミナルより川崎市営バスで約20 分、
「日本触媒前」バス停下車 徒歩7分
• 川 04 系統 「市営埠頭」行き または 「京セラ」行き
• 川 05系統 「東扇島循環」行き
• 川 07系統 「東扇島西公園」行き
MAP
湘南工場・研究所 〒254-0022 神奈川県平塚市須賀 2700 番地
TEL. 0463-23-8511 / FAX. 0463-23-7037

アクセス
JR 東海道線 平塚駅北口より、神奈中バス9 番線「茅ケ崎行き」乗車、
新田入口バス停下車、北へ徒歩5分
MAP
静岡工場 〒437-1612 静岡県御前崎市池新田7950 番地の2
TEL. 0537-86-2903 / FAX. 0537-86-2905

アクセス
JR東海道新幹線・JR東海道本線 掛川駅下車 タクシーで35分
MAP
大阪営業所 〒550-0004 大阪市西区靭本町 1-11-7 信濃橋三井ビル12F
TEL. 06-6445-8461 / FAX. 06-6445-8608
MAP
名古屋営業所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-22-21 損保ジャパン日本興亜名古屋ビル10F
TEL. 052-962-1521 / FAX. 052-971-7808
MAP