レスポンシブル・ケア

RESPONSIBLE CARE

レスポンシブル・ケア(RC=Responsible Care:責任ある配慮)活動とは、化学物質を取り扱う事業者が、化学製品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るまで全ての過程で、自主的に「環境・安全・保安」を確保し、その活動成果を公表、そして社会との対話・コミュニケーションを行う活動をいいます。いわば、その製品の一生を通した環境・安全確保のための自主管理活動です。
エア・ウォーター・パフォーマンスケミカルでは、環境保全、労働安全衛生、保安防災、 品質保証、化学品・製品安全、物流安全、および社会との対話の各分野で、レスポンシブル・ケア(RC)を積極的に推進しています。

RC基本方針

エア・ウォーター・パフォーマンスケミカルは、レスポンシブル・ケア(RC)を経営の重要課題と認識し、「環境保全」「労働安全衛生」「保安防災」「品質保証」「化学品・製品安全」「物流安全」「社会との対話」を7本柱としたRC活動を推進します。
法令遵守はもとより、適切な経営資源を投入して継続的な改善を図ることにより、人々の生活の質の向上と持続可能な社会の実現に貢献します。

事業活動におけるRCのさまざまな取り組み

環境保全

大気汚染防止、水質汚濁防止、環境負荷の低減、廃棄物の発生量削減など、事業活動に伴う環境負荷を低減するさまざまな環境保全活動への取り組みを行っています。

写真は、ボイラー等の燃料をガス化転換する一環として、現在ガスで作動しているCPSダウサム加熱炉(左)とPRTR物質の排出を削減するための排ガス燃焼設備(右)です(川崎工場)。

  • CPSダウサム加熱炉

  • 排ガス燃焼設備

環境への取り組み

労働安全衛生

従業員が安心して働ける環境整備をはじめ、過去の教訓を基に類似災害や再発の防止のために日々取り組んでいます。また、5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)、安全衛生リスクアセスメント、ヒヤリ・ハット、安全衛生教育、グループ安全情報の共有化を行っています。

安全衛生への取り組み

保安防災

各工場では、地域の皆様や従業員の安全を確保するため、万が一の産業事故あるいは大規模地震など緊急事態が発生した場合の防災体制を定めて、運用しています。

品質保証

全ての事業所で品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を取得し、品質管理や品質改善活動を推進しています。製品・サービスに関するコンプライアンス遵守はもちろんのこと、お客様の要求品質に確実かつ迅速に応えるべく、設備改善、品質管理レベルの向上を図りつつ、さらなる品質向上に努めています。

品質への取り組み

化学品・製品安全

当社の製品を安全に取り扱っていただくため、安全データシート「SDS」、危険・有害性情報を提供しています。 また、製品含有化学物質の情報伝達に関しては、「chemSHERPA」を提供しています。

物流安全

化学品輸送時の万一の事故に備え、緊急連絡カード「イエローカード」を輸送業者に提供しています。これは、輸送業者、警察、消防等の事故処理に関係する人々が、安全に処置できる内容を記載した連絡カードです。

社会との対話

会社を取り巻くさまざまなステークホルダーの中でも、当社が特に重視しているのが、地域社会との関わりです。地域社会に少しでも貢献できるよう、各工場では次のような活動を続けてきました。

川崎工場では、地域ボランティア活動の一環として、工場周辺の清掃活動を行っています。

湘南工場では、恒例の「夏祭り」の開催や、「平塚地区環境対策協議会」の一員として地域の小学生と相模川の河川敷にチューリップの球根を植付ける活動などで、交流を深めています。

静岡工場では、「新野川・筬川の自然を守る会」で、環境美化活動やメダカ事業に参加し、地域の環境美化に貢献しています。

廃棄物処理施設維持管理情報

川崎工場の産業廃棄物焼却設備の維持管理情報を掲載しています。

  • 2021年度
    4月PDF(新規ウィンドウ) 5月PDF(新規ウィンドウ) 6月PDF(新規ウィンドウ) 7月PDF(新規ウィンドウ) 8月PDF(新規ウィンドウ) 9月
     
    10月
     
    11月
     
    12月
     
    1月
     
    2月
     
    3月
     
  • 2020年度
    4月PDF(新規ウィンドウ) 5月PDF(新規ウィンドウ) 6月PDF(新規ウィンドウ) 7月PDF(新規ウィンドウ) 8月PDF(新規ウィンドウ) 9月PDF(新規ウィンドウ)
    10月PDF(新規ウィンドウ) 11月PDF(新規ウィンドウ) 12月PDF(新規ウィンドウ) 1月PDF(新規ウィンドウ) 2月PDF(新規ウィンドウ) 3月PDF(新規ウィンドウ)
  • 2019年度
    4月PDF(新規ウィンドウ) 5月PDF(新規ウィンドウ) 6月PDF(新規ウィンドウ) 7月PDF(新規ウィンドウ) 8月PDF(新規ウィンドウ) 9月PDF(新規ウィンドウ)
    10月PDF(新規ウィンドウ) 11月PDF(新規ウィンドウ) 12月PDF(新規ウィンドウ) 1月PDF(新規ウィンドウ) 2月PDF(新規ウィンドウ) 3月PDF(新規ウィンドウ)
  • 2018年度
    4月PDF(新規ウィンドウ) 5月PDF(新規ウィンドウ) 6月PDF(新規ウィンドウ) 7月PDF(新規ウィンドウ) 8月PDF(新規ウィンドウ) 9月PDF(新規ウィンドウ)
    10月PDF(新規ウィンドウ) 11月PDF(新規ウィンドウ) 12月PDF(新規ウィンドウ) 1月PDF(新規ウィンドウ) 2月PDF(新規ウィンドウ) 3月PDF(新規ウィンドウ)